【結婚式編】おしゃれで上品な服装を買うならここ!サイト比較

Home > 結婚式の服装について > 結婚式の雰囲気に合わせる参列者の服装

結婚式の雰囲気に合わせる参列者の服装

 知っていそうで実は知らないブライダル事情など、恥をかかないためにも大人のマナーは心得ておきたいものです。例えば、結婚式に参列するゲストの服装では、自分の好みで着こなすのはタブーで、大前提として、新郎や新婦よりも目立つ服装で参列しない一点のみです。祝福するための最低限の身だしなみは必要ですが、結婚式では誰が主役であるのか、新郎新婦以外にはいませんし、目を奪うことは失礼になります。ですが、ホテル挙式をはじめ、ゴージャスなハイクラスの場によって、男女ともにフォーマルさに欠けては、品格を左右しかねるため、服装選びには慎重にならざるを得ない状況です。挙式といっても、和婚と洋婚が展開されており、女性の場合には着物姿での参列もありですが、披露宴や二次会まで参加することを想定すれば、着物よりもドレスあるいはスーツが適しています。

 男性の場合、大半はスーツですが、年配の方の場合には、格式や格調高いタキシードで身なりを整えるのも適しています。スーツは、花嫁の純白なウェディングドレスを引き立てるためにも、白だけは避けることも大事で、冠婚葬祭用スーツやディレクタースーツを選択します。丈や袖の長さ、特にタキシードの場合には裾が長すぎることで、だらしなさが際立ってしまうために注意が必要で、身丈にあったサイズ確認は大事です。また、スーツをビシッと着こなしても、全体のコーディネートをまとめるアクセサリーにも気を配る必要があり、ベルトや時計は派手過ぎない物もポイントです。しかしながら、シンプルにまとめ過ぎては参列しがいの無さもあり、カフスボタンなど、チラ見せで個性を演出するのも良しとされています。

 女性の場合には、二次会を除き、挙式と披露宴に参加することを念頭に、アフタヌーンドレスやセミアフタヌーンドレスを選択するのが一般的です。カクテルドレスを着用したい場合、ホテル挙式より、リゾート挙式などの屋外に限定したカジュアルよりでの着用がマナーです。近年、和婚も人気で、自ずと和装も注目されていますが、注意したいのは未婚女性に限定して正装は振り袖です。ですが、華やかなデザインの物は避けることは重要ですし、和婚同様、国際色豊かな挙式も展開されています。他国の正装は日本と異なるために、事前に確認が必須です。日本での催しであれば、チャイナドレスやアオザイなどはそぐわない装いとなりやすく、どうしても着用したいならば、二次会やゲスト向けのパーティーなどで着用するなど、その場の雰囲気に合わせることも大事です。

▲ ページトップへ