【結婚式編】おしゃれで上品な服装を買うならここ!サイト比較

Home > 結婚式の服装について > 結婚式のお呼ばれで着用に注意な服装の直前1分チェック

結婚式のお呼ばれで着用に注意な服装の直前1分チェック

 友人や同僚などの結婚式へのお呼ばれは、心からの祝福とともに、思い切りおしゃれをしていくので女子的にもワクワクします。そんな結婚式への参加ですが、お呼ばれ直前でも1分でチェックをできる、NGな服装マナーは把握をしておくことです。ウェディングの主役はなんといっても純白のドレスに身を包む花嫁ですから、ゲストが全身白いドレスで参加をするのはアウトになります。白い衣装は清楚で美しいですが、うっかり結婚式でゲストナノに着用をしようものならば、花嫁と純白が丸かぶりです。ホワイト系の服装を着用するならば、全身を白でまとめることはしないで、羽織物などに必ず色を入れるようにします。皮製品やファーなどは流行の流れでファッションに取り入れる女子が多いですが、イメージ的にマイナスの要因を含むため、動物の皮製品やファー素材は避けることです。

 スタイルの良い中国人女子がチャイナ服を身にまとうのは、エキゾチックな魅力が醸し出されるので、日本女子的にもチャレンジしたい気持ちを煽られる衣装です。ピッタリとしたラインでありつつも、胸元が強調をされたり、再度にスリップが入っていたりと、セクシーな衣装でもありますが、結婚式の服装としてはマッチしません。チャイナドレスやアオザイなどは華やかですから、結婚式のお呼ばれにも良さそうに感じますが、国内での挙式や披露宴であれば避けたほうが無難です。型だしのドレスやマイクロミニのようなミニ裾も、結婚式に参加するゲストとしてはふさわしい服装ではありません。ゲストたちの服装のマナー的にも、女子のスカートの裾の長さは、古臭いと感じるとしてもマナーとしては、ひざ下丈がマナーだからです。

 結婚式は非日常の華やかな席であり、そのシーンに心からの祝福をあらわすような服装で参加をすることも大切です。披露宴などの会場の雰囲気をゲストとして盛り上げるのも良いことですが、結婚式の主人公は誰であるかを忘れてはなりません。夫婦となるカップルが主人公ではありますが、もっと脚光を浴びて人生最大級に輝く主人公は、何よりも花嫁になります。ゲスト参加をすることは祝福をささげることであり、おしゃれをするのは良いですが、メイン主人公の花嫁を最も引き立てることも、呼ばれたゲストたちのやるべきことです。参列者の務めでもあると心得ると、花嫁よりも目立つような服装は、自然に控えることができます。全身を白で決めるのは論外ですが、全身を真っ黒でまとめたり、就活のようなリクルートスーツも、結婚式参列にはふさわしくはありません。

▲ ページトップへ