【結婚式編】おしゃれで上品な服装を買うならここ!サイト比較

Home > 結婚式の服装について > 真夏以外の結婚式参加の服装で悩むなら着物を着用も素敵

真夏以外の結婚式参加の服装で悩むなら着物を着用も素敵

 真夏の結婚式の出席ではないならば、お呼ばれの際の服装として、日本の文化でもある着物での参加をすることも可能です。特に冬などは露出の多めなパーティードレスは寒いですが、着物であれば参列時にも温かく過ごすことができます。肌襦袢に長襦袢を着てから着物ですから、重ねて着ることで着物は暖かく、寒い時期のお呼ばれでも寒さが問題にはなりません。ネックラインからショルダーラインにかけての長さがある、ファーやカシミヤのショールを、冬の時期であれば羽織ることができますし、暖かいうえにとても華やぐ印象です。まだ若く未婚の女性であれば、結婚式に出席をする歳には、振袖を着用することもできます。振袖は成人式の日だけなんてもったいないですし、若くて独身の女子であれば、せっかくの結婚式には、張り切って振袖を選ぶのもありです。

 年間を通して結婚式は行われますが、寒いシーズンになるとは織物なども必要になります。結婚式にふさわしい服装での参加は心得ているとしても、寒い時期にコートは着ていってもいいのかどうか、些細なことですが女子は軽く悩むことです。基本的に冬などはコートを着用して式場へ向かうことは、全く問題はありませんし、無理して薄着で出かけて風邪をひいてはいけません。招待された式場に到着をしたら受付を通ることになりますが、その前にコートはクロークに預ければ大丈夫です。受付を済ませる前にコートをクロークに預けたほうが良いのは、そのほうがコートを持ったり荷物をゴタゴタと持つ必要が無いですし、受付をスマートに済ませることができます。美しいパーティードレスを着用していながら、両手にたくさんの荷物を抱えていては、見た目的にもスマートではありません。

 仲の良い友人の結婚式や親族や知人結婚式など、招待をされたら快く返事をして出席をしたいものです。ですが会場が遠いなど遠方に住んでいると、自宅から結婚式出席用のおしゃれな服装で行くのは若干大変になります。女性はたとえゲストであろうとも、ほかのゲストに負けないくらいおしゃれをして、キレイに見られたい生き物ですから、遠方へ出向くときなどはどこで着替えるかも悩みの種です。会場まではカジュアルな服装で出かけて行き、出席をする前にフォーマルな衣装に着替えることができたら、それが最も良い鵜方法になります。結婚式を行う会場にもよりますが、ゲストたちが自由に使用できる、着替ええスペースがあるところもあるので、事前に式場に問い合わせてみることです。ゲストのための着替えスペースや更衣室の良いいがあれば、結婚式参加の衣装の着替えや荷物の心配もなくなります。

▲ ページトップへ