【結婚式編】おしゃれで上品な服装を買うならここ!サイト比較

Home > 結婚式の服装について > 男性の結婚式の服装は派手すぎずにシンプルにが基本

男性の結婚式の服装は派手すぎずにシンプルにが基本

 学生時代を謳歌して社会へ出ていくと、男性もたくさんの結婚式に招かれるようになります。社会人を数年もすればすでに立派な一人前の男ですから、結婚式の服装に関しても相応しいスーツの種類を知ること、マナーを守っての服装での出席をすることです。結婚式のゲストとして招待をされた場合、男性は準礼装や略礼装での参列になります。大人になったら1着は持っていたいのがブラックスーツであり、社会人として人づきあいが広がる中で、何かと冠婚葬祭への参加が多くなるため、そういったシーンにマルチに活躍をするためです。結婚式に出るならばウイングカラーやレギュラーのシャツを着用して、ネクタイにはシルバーネクタイを合わせてもマッチします。ゲストのための装いの一つとして、ダークスーツも着用はできますが、披露宴などへの参加というよりも、カジュアルな二次会参加向きです。

 夜の結婚式に男性が招待をされた際には、日頃着用に機会はなかなかない、タキシード姿でビシッと決めての参加もできます。結婚式が行われる時間帯によっても、男性が着用をするフォーマルなスーツは変わってきますが、日没以降の式への参加に着用するなら、タキシードがピッタリです。黒色の蝶ネクタイに黒色のタキシードは、男性のフォーマルウェアになりますし、ポケットチーフを胸元に入れるのも定番のスタイルになります。ヨーロッパなどのようなパーティー文化はない日本ですが、結婚式でタキシードを着用する男性は素敵ですから、女性たちからの視線も集めやすいですし、格調高い装いです。昼間の結婚式の時に着用をするのは、準礼装のディレクターズスーツであり、ネクタイはシルバー系を合わせるのが定番です。ただこれはゲストではなく、新郎や新婦の父親にピッタリな装いになります。

 フォーマルな場所の男性の服装として、シャツの色は白を選ぶこと、柄ありではなく無地の白を選ぶのが無難です。基本は無地の白色が良いですが、流行りのレストランウェディングなど、レストランやカフェを貸し切りで行う挙式であれば、カジュアルですからカラーシャツでも問題ありません。ハッキリとした色彩のカラーシャツではなく、カジュアルな結婚式であっても、からの色は淡い色合いにします。ドビーやジャガードなどの、比較的控えめに見える折り柄が入っても構いません。ワイドカラーやレギュラーカラーを、襟には選ぶようにすること、カジュアルすぎる印象のものは控えます。ショートポイントカラーや、ボタンダウンシャツなどだと、カジュアルすぎるイメージです。男性が自分の好みで選んで問題が無いのはカフスボタンですが、派手ではなくシンプルなものにします。

▲ ページトップへ