【結婚式編】おしゃれで上品な服装を買うならここ!サイト比較

Home > 結婚式の服装について > 女性の結婚式ゲストの服装は季節によって人気のカラーがある

女性の結婚式ゲストの服装は季節によって人気のカラーがある

 冬のイメージカラーは白を連想する人は多いですが、結婚式に招待をされて着用する女子の服装では、実は黒色のドレスがとても多いです。シーズンによって結婚式のゲストとして参加をするとき、女性は服装の色を意識しています。心も景色も華やぐ春のシーズンであればパステル系のドレスが多くなりますし、日差しも強くなる夏の結婚式には涼しいイメージのブルー系が多いです。日差しも和らいで穏やかで過ごしやすくなる秋には、景色も紅葉が美しくなりますが、結婚式のゲスト衣装としてはこっくりカラーの、ダークオレンジ系が増えてきます。そして迎える冬ですが、真っ白な雪が降る時期だからゲストも知ろというわけではなく、人気1位は黒いドレスであり、かわいい系というおまけ付きです。とても地味な黒いドレスではなく、小花のレース模様だとか、柄入りのキュートな黒色ドレスなど、可愛い要素がどこかに入っています。

 ある意味で非日常の結婚式でのお呼ばれですが、女性の服装としてマナー違反ではないものの、気を付けたい種類もあります。日中の明るい時間帯のお式やパーティーの場合は、出来るだけ無駄にキラキラ光る光物はひかえることです。服装に合わせて上手に組み合わせれば問題が無いのは、イミテーションアクセサリーであり、使ってダメではありません。周囲から無駄に視線を集めるような、目立つ大きな揺れるアクセサリーはるけないほうが良いですが、ブラックパールのアクセサリーはつけても大丈夫です。パールといってもブラックだと、なんとなくお葬式のような印象を持ちやすいですが、ゲストの服装としてマナー違反なアクセサリーではありません。逆に活用したい使い勝手も良いタイプとしては、フォーマルの活用にもピッタリなパールのアクセサリーです。全体的な統一感を醸し出しやすくて、使い勝手もなかなか良い種類として、シックなシルバーアクセサリーもあります。

 主人公は花嫁とわかってはいても、それ以上には目立たないようにしながらも、結婚式に参加するゲスト女子は爪の先までピカピカに磨き上げての参加をします。そんな美しさに磨きをかけて結婚式に出席をするゲスト女子ですが、その日のドレスにマッチしたネイルにも妥協をしません。現代はネイルは誰でも楽しむおしゃれですが、その昔はお水系のイメージがあって、マナー的にもネイルは控えていました。時代は大きく移り変わり、ゲスト女子たちが爪先にネイルを施すのは、一般的なことですし、全くマナー違反ではありません。ただシーンや関係性によっては、やってよいネイルと、止めておくほうが無難なネイルがあるので気を付けます。派手なネイルは控えて、出来るだけ清楚に清潔感のあるネイルにしておくほうが美しいです。

▲ ページトップへ