【結婚式編】おしゃれで上品な服装を買うならここ!サイト比較

Home > 結婚式の服装について > 冬シーズンの結婚式参加女子たちのお助け服装コーディネート

冬シーズンの結婚式参加女子たちのお助け服装コーディネート

 シーズン的に冬の結婚式に招かれたときに、女性が悩みになるのが着用をするドレスであり、ドレスオンリーでは明らかに寒いです。だからと言ってドレスとのコーディネートでコートを着用するのは、さほどドレスに慣れていない女子には何度が高くなります。美しいパーティードレスを着用するのは、女子的にも楽しみですから、空気も冷たくなる冬の結婚式だって、女子の特権であるドレスを上手に着こなす頃です。冬の結婚式に呼ばれた際、女子ゲストとしての服装として、ドレスのデザインで奇抜すぎたり、肌の露出が高い服装は失礼にあたります。背中が空きすぎていたり、ミニ裾過ぎるスカートや、カジュアルすぎる洋服もNGです。腕や肩が出るドレスを着用するならば、ボレロなど上に羽織るものがあれば大丈夫です。ドレスの素材としては、冬は厚めの生地の服装や、ベロア素材などしっとりした素材も向いています。

 ヨーロッパや海外の社交界であれば、華やかなパーティードレスを身にまとい、パーティーへの参加も多いものの、日本の一般女子にはあまりなじみはありません。しかし美しく着飾ることは好きな日本女子ですから、結婚式のゲストとして出席をする際には、張り切ってパーティードレスに身を包みます。浮かれ気分で洋服を選ぶのは良いですが、結婚式お呼ばれドレスとして、控えたほうが良い色もあり、柄物にホワイト、それにバイカラーは慎みます。好きなドレスの色で結婚式への参加はいいのではと考える女子があったとしても、基本的に結婚式では新郎新婦よりは目立ってはいけない、暗黙のルールがあるためです。当日の主人公であるカップルよりも、ゲストのマナーの基本は目立たないこと、服装のカラーは白だとカップルの白い衣装を邪魔しますし、バイカラーは縁起が良くないので避けます。

 1年の中でも最も空気が澄み渡る冬は、夜の星ぞれもうっとりするくらい美しく、そんな綺麗な季節に結婚をするカップルも多いです。寒さなど吹き飛ばすハッピーウェディングに招待をされたら、服装にも注意を払うのとともに、ゲストとしての小物にも注意をします。特に女子は荷物をたくさん持ちやすいですが、結婚式参加の時には、大きすぎるバッグは控えることです。バッグとしてほかにもファー素材のものや紙袋にビニール素材、コットン素材なども避けて、出来るだけコンパクトなパーティーバッグを選びます。大きいバッグは結婚式のようなフォーマルな場所には不釣り合いであり、小さなバッグを手には持つようにして、荷物がほかにもあるならば、サブバッグを使えば大丈夫です。上品に見えるサテン地などはフォーマルなシーンでも重宝をするので、トートバッグを使うのも良い方法になります。

▲ ページトップへ