【結婚式編】おしゃれで上品な服装を買うならここ!サイト比較

Home > 結婚式の服装について > フォーマルな結婚式にふさわしい洋装で参加をする男性の服装選び

フォーマルな結婚式にふさわしい洋装で参加をする男性の服装選び

 社会人として働くビジネスマンは、日頃からスーツに身を包み、ビジネスシーンで活躍をしています。スーツに離れているとしても、結婚式に招待をされ時の服装には、あまり慣れてはいない男性は少なくはありません。せっかくの招待を受けて大事な人を祝福する日ですから、男性もふさわしいよ服装での参加をすることです。ただ日常の中にフォーマルなシーンはあまりないので、正直なところ何を着ていけばいいのか、かなり迷いも出てきます。いつも会社に着ていくスーツでも良いのかどうか、シャツやネクタイもサラリーマンモードで良いのかなども頭を悩ませることです。女性よりも実は男性ゲストの方が、結婚式出席の際にはお呼ばれ衣装には頭を悩ませます。結婚式のようなフォーマルなシーンに参加をするときには、基本的なマナーがあるので、スーツをはじめネクタイやヘアスタイルに靴まで、マナーに沿った服装で出席をすることです。

 成人して社会へと巣立った男性たちは、今度は大人のお付き合いが広がりますし、結婚式に呼ばれることもとても多くなります。男性のお呼ばれの際の服装として、明るいカラーのスーツや、ピンクや白色のスーツなどの着用は控えることです。特に全身が白く見えるようなスーツなどはNGであり、ゲストが新郎の白い衣装と被ることになります。白がだめならば全身を黒ずくめのスーツにするというのも極端であり、お祝いの席への参加なので、全身黒はもちろんのこと、暗く見える黒いシャツも控えます。足元にブーツというのも大人の男性としては、結婚式への参加にはふさわしくはなく、フォーマルなお祝い事ですから、カジュアルなブーツも選ばないことです。ささやかに見えるかどうかではありますが、靴下の色では白は避けるべきであり、黒のミドルソックスを選びます。ネクタイではアニマル柄やキャラクター柄を選んだり、黒色のネクタイを選ぶのもNGです。

 男性が結婚式に招待をされたときには、選ぶべきスーツとして相応しいスーツがあります。招待をされたゲストの服装としては、略礼装や準礼装の洋装を着用しての参列が基本です。礼服に当たる洋装にも種類がありますが、結婚式に着ていく男性の服装としては、ディレクターズスーツやタキシードなどがあります。くれぐれもいつも会社に来て行っている、若干お疲れ気味のビジネススーツを着用するようなことは控えることです。スーツならば何でもよいような印象があるとしても、ビジネススーツと礼服には大きな違いがあります。すこしグレーが入っているのがビジネススーツ、真っ黒なのが礼服ですから、その場に合ったスーツを着用して、大人としての品格と余裕を見せることです。礼服にも種類があり、正礼装に準礼装と略礼装、この3つに大きくは分けられています。

▲ ページトップへ