【結婚式編】おしゃれで上品な服装を買うならここ!サイト比較

Home > 結婚式の服装について > アフタヌーンドレスなど女性の結婚式の服装は意味合いも理解して

アフタヌーンドレスなど女性の結婚式の服装は意味合いも理解して

 特に女性たちは蝶のように華やかな服装で出席をするのが、結婚式のお呼ばれです。着用をするドレスには種類がありますが、昼間の時間にフォーマルなシーンに参加をする、女性の正礼装はアフタヌーンドレスになります。シンプルな光沢のないドレスなどが良いのは、アフタヌーンドレスには品の高さが求められるためです。普段の生活の中ではなかなか着用の機会はありませんが、フォーマルなシーンにはぴったりの装いになります。夜開催のフォーマルなシーンに女性が参加する際、正礼装となるのはイブニングドレスです。背中や胸元も広めに開いているドレスのデザインが印象的であり、鮮やかな色彩で夜の照明の下では華やかに輝きます。女性のための昼の時間帯の準礼装は、セミアフタヌーンドレスになりますが、個性やその時代の流行を加えての着用が可能です。光沢をもたないデザインが基本ですが、流行が入るあたりはアフタヌーンドレスと違います。

 結婚式が冬に行われるならば、冬時期に最適なカラーの服装を選んでの参加をしたくなります。単純に考えてみても雪が舞い散るシーズンになると、頭に浮かぶのはホワイトカラーであり、その時期のお呼ばれなら白を着用したい気持ちが出てきても不思議ではありません。季節的にはホワイトカラーは時期的にはマッチしますが、結婚式のゲスト参加者である立場だったら、白は避けなければなりませんし、花嫁と同じ全身白は控えます。冬に限ったことではなく、いくら雪のイメージの強い冬でも、ドレスや服装を全身白でのコーディネートは避けることです。真っ白ではないとしても気を付けたいのがベージュであり、肉眼で見る分にはベージュであることはわかります。しかし写真撮影時にフラッシュなどの影響を受けて、現像後には白写りすることがあるため、色のついた羽織ものを用意したりすることです。

 日本女子が和装をする機会はとても少ないですが、習い事でも着付けは未だに根強い人気があります。そんな日本女子たちの心をひきつけてやまない着物ですが、結婚式参列時の服装として、和装を選ぶのも全く問題はありません。女性のフォーマルな装いのひとつとして和装は広く受け入れられていますし、独身女子であれば正礼装は振袖です。結婚式に参加する際には未婚女子は振袖も選ぶことができるので、新婦よりも目立たないように配慮をしながら、控えめな着物の色合いを選ぶようにします。未婚者でも既婚者でも女性は着物を着用できますので、普段はなかなか切るチャンスが無いだけに、結婚式では和装を選ぶのも楽しいです。控えめなカラーやデザインだとしても、やはり女性の着物姿は魅力的ですし、華やかな雰囲気を醸し出す演出にもなります。

▲ ページトップへ